Step08-1 無料情報の徹底攻略

無料情報の取得

無料情報については、Step03でお話しました。
「よし!活用してみよう」と思った方も多いと思います。
あくまで、私の個人的意見なのですが、この手の情報は大いに活用すべきであり、

その理由として

1.レースに関して得られる情報は限られている。
2.情報は多いことに越したことはない。
3.自分での予想には限界があるので、手助けが必要。


が、挙げられます。

3についてはちょっとネガティヴ思考ですが・・・

あなたが、馬主、厩舎関係者でない限り、情報源を得られる場所は限られてきます。
テレビ、競馬新聞、予想サイト・・・

結局、大勢の人と同じ情報で戦っているので、すこしでも有利に運ぶためには多くの情報を得るほうが良いのです。

ここで!どうしても言いたいことが2つ。
ぜひ、頭の隅っこのほうにでも入れていただければと思います。
h
無料情報って・・・・
無料だからといって、情報を配信するサイト側も手を抜いた情報を送っているわけではありません。
「この無料情報、使えるな」と思わせれば、サイト側は占めたもの、本会員の登録につながるからです。
つまり、サイトの実力を知ってもらうための宣伝手段がこの無料情報なのです。
登録すれば、本会員勧誘のメールが送れるというのもあるでしょうが・・・

似たような・・・
もうすでに無料情報を参考にしているあなた!あることに気づきませんか?
そう!「本命サイドの予想が多い」ということです。(本命サイドの予想とは、1番人気の馬に本命である◎をつけるような予想)

確かに、人気サイドになっている馬に印をつけている情報が多いです。
特に、重賞レースでは。

「それじゃぁ、参考にならない・・・」

しかし、そうでもないのです。
注目すべきは印が強い馬(人気サイドが多い)ではなく、むしろ印が薄い馬です。
△印辺りを重点に見るべきです。

ここに、情報提供者側の意図が隠されている場合が多いのです。
似たような予想が多いなら、違う部分を探しだしチェックします。
そこが情報提供者側の個性が出ていて参考になる部分な訳で、印が薄い部分に現れているのです。


推薦組み合わせ

それでは、相性の良い情報の組み合わせとはどういうものでしょうか?
目的による組み合わせを考えていきましょう!(情報サイト名をクリックすると上記記載の一覧表に戻ります)

メインサイトとして
まずは、軸となるメインサイトを持つことをお薦めします。
メインサイトは、情報が多く、質の良いものが良いでしょう。(当たり前の話なのですね・・・)
該当するサイトは、競走馬情報なら「競馬情報Masters」、指数は「UNAJIN.net」です。

全レースの情報を抑えてあるので、あなたの予想スタイルにも対応するでしょう。
その他、「競馬チャンネル」なんかも、お薦めです。
レース後半重視なら、「競馬ワールド」もオススメです。
まずは、軸となるメインサイトを決め、あなたの好みに合わせ他サイトを足し引きしてはいかがでしょうか。

重賞レース予想重視
重賞レースとなればほとんどがその日のメインレースとなり、注目度bPなだけに有名競走馬も数多く出走します。
これらの競走馬たちは各メディアにも注目されているため、様々なところから情報を得ることができるでしょう。
まず、G1レース情報に特化している、「競馬セブン」、重賞レースに強い「競馬チャンネル」、「競馬Lab」が質の良い情報を扱っています。
特に、「競馬セブン」は質もトップクラス。

ただ、重賞レースが無いと急に貧弱になるので、何サイトか抑えておく方が良いと思います。
何れにせよ、ココに挙げているサイトたちは使えます!
サブサイトとして、「競馬マグナム」「勝利の法則」等もチェック!

平場狙いは
平場の情報をを扱っているところは多くあります。
荒れやすく高配当が期待できるこの平場レース。他にも、有力馬候補の動向が見れるなど魅力が満載です。初級者向きではありませんが、チャレンジすると楽しみが広がります。

情報を扱っているところが多いので、量を多く扱っているサイトがベストです。
その為、軸サイトで大よそまかなえますが、サブサイトとして「暴露王」「ULTIMATE」等。
先ほども言いましたが平場は難易度が高いので、情報は出来る限り多い方が有利には違いありません。
可能な限り(手に扱える量で)登録しておけば情報も集まります。

新馬戦情報は
新馬戦情報は情報がとても少ないです。
その為、数少ない新馬情報を扱っているサイトは貴重と言えるでしょう。
その中で「UNAJIN.net」は、情報量も多いサイト。
量も多くないので、まずは、一通りチェックしてみては。

サブサイト
まず、スーパーサブサイトとしてお薦めは「No.1KEIBA」。
トータルで使えるスグレモノです。
サブサイトは、他のサイトに足りないものを補う力を持っています。
足りない情報をどう補うかは、あなたの腕の見せ所ですね。


自分に合ったスタイルを

いかがでしょうか?あなたが欲するサイトの組み合わせは見つかったでしょうか?
たくさんのサイトを取得すれば、その分情報量が多くなる反面、メール量も多くなり(勧誘メールも含むため)量が多くなり、処理しきれなくなる可能性も出てきます。
あくまで自分のスタイルと時間の余裕を考慮したサイト選びが必要です。

ここで得ることのできる情報が、あなたの予想手段の1つになれば幸いです。


<<Step07-1・競走馬を激写 Step08-2・このサイトはココがスゴイ>>