Step05-1 POGの参加方法

馬主気分で

このステップでは、今までみてきた「馬券を購入してレースを楽しむ」方法ではなく、違った角度から競馬を楽しむ方法についてです。
究極の競馬の楽しみ方は、「馬主になる」ことです。
自分の所有する馬が、レースを勝ち上がってゆく・・・
想像しただけでも、ワクワクしませんか?

しかし、馬主になるためには馬を購入する、育てる、と常に莫大の経費が掛かります。
ハッキリ言いまして、お金持ちでなければなかなか馬主にはなれません。
そこで、せめて馬主気分を味わいながら競馬を楽しむ。

そんな方法を3つ、ご紹介します。
最初は「POG」についてです。

POGとは

POGはペーパー・オーナー・ゲームの略で、そのままピー・オー・ジーと呼びます。
簡単に説明しますと、「紙面上で架空の馬主になり選んだ馬たちの活躍を競う」ゲー
ムです。
なんか簡単じゃない気が・・・

そして「デビュー前の2歳馬の中から自分が架空馬主になる馬達を指名し、3歳春頂点レース
であるダービーまでの活躍度を競う」ことが大体の流れになります。
う〜ん、これではイメージが沸きづらいですね。

「デビューする馬(2歳馬)の馬主になったつもりで応援する」

とだけ覚えておきましょう!
「じゃあ、もっと早くそう言えって」
・・・スイマセン

とにかく、自分が選んだ馬が活躍したときのこの快感。なかなかハマリます。
ここではその他ルール等を含め、分かりやすく順を追っていきます。


参加するPOGを決める

POGは新馬戦の始まる6月後半から始まります。
それまでに、どのPOGに参加するか、決めなければいけません。
参加方法は、次のようになります。

競馬雑誌の開催するPOGに参加する
4月あたりからPOGに関する情報が、掲載され始めます。
雑誌によってルールや募集期間などが違うので、よく確認してください。

・メリット
賞品が豪華

・デメリット
参加人数が多いので、上位入賞が難しい

個人のPOG開催サイトに応募する
POGファンはたくさんいます。
その中で、自分のサイトでPOGを開催している人も少なくありません。
友達や知り合いが、開催していたら参加しましょう。
ちょっと勇気を振り絞り、全く知らない人のサイトで飛び入り参加するのも良いかも。
メリット
参加人数が少ないので、アットホーム的に楽しむことが出来る。
デメリット
賞品狙いの人はちょっと物足りないかも

自分で開催する
自分でPOGの主催になってみませんか?
ルールを決めたり、開催中の管理運営など大変ですが、楽しみは倍増するのでは。
メリット
主催者側なので自由度は高い。
デメリット
管理運営は大変。初心者にはきつい。

自分にあった参加の仕方を考えましょう。
それぞれ、ルールなどが違うので確認は重要です。
初めは、雑誌などで参加する方法をオススメします。


馬を選ぶ<

参加する方法が決まりましたか?

次は馬を選ぶ作業になります。
選ぶ馬はまだデビュー前の馬、いわゆる新馬です。
選んだ馬が、来年5月の日本優駿(日本ダービー)までいくらのポイントを獲得できるかが勝負となるわけです。

ポイントの加算方法は、それぞれ違います
自分が参加している所をチェックしてください。
選ぶ頭数も違います。

大体3〜10頭の間を選ぶことになるでしょう。

しかし!なにせデビュー前の馬、参考になる情報が少なすぎます・・・
父親
母親
厩舎
くらいしかありません。

では、どのような感じで選ぶのかなどの詳細についてお話しましょう。
参加期間があるので注意してください。


2歳馬チェック

POGの新規募集は5月頃から始まります。
この頃には、競馬雑誌などでPOGをテーマにしたものが多く見られます。

参加人数も多いので、上位入賞はなかなか難しいですが、初めてやる方でも安心して参加できます。


それでは大雑把ではありますが、POG参加までの流れを見て見ましょう。

最寄の本屋で、POG雑誌を購入。

競走馬を選ぶ

雑誌内のフォーム(記入用紙)へ記入。

フォームをはがきに貼り付け投函

POG参加!

かなり、大雑把ではありますが・・・
このような感じになります。


有力馬を選ぶコツ

何千頭もの競走馬の中から、活躍するであろう素質場を選ぶことは、初心者にとって容易なことではありません。
先ほども書きましたが、競走馬に関する情報が少なすぎます。
血統の知識があれば有利なことに間違いはないのですが・・・この専門的な知識も初めての方には難しいでしょう。

では、どういうところから選ぶべきか?
幾つかのチェックして行きます。

1、有力馬情報から選ぶ
大体の雑誌ではPOG募集と共に有力馬情報を掲載しています。
ここで言う有力馬とは「良血馬」であることがほとんどです。
つまり、「偉大な父と偉大な母からは偉大な仔が生まれる」という考えがあり、レースで活躍するだろうと期待されています。
全部が全部、活躍するとは限りませんが、有力馬を見つける近道になることは確かではないでしょうか。

2、父親から選ぶ
リーディングサイヤー上位の父親から選ぶことも一つの手でしょう。
リーディングサイヤーとは1シーズンの産駒の賞金の合計額による種牡馬の順位のことであり、活躍した仔がどれくらいいるかの指標となります。
つまり、成績優秀な仔を多く輩出した父の仔を選べば、優秀な確率が高いと言う訳です。
しかし当然、リーディングサイヤー上位の馬は優秀な種馬なのですから、「家の繁殖牝馬に種付けをしてください」という依頼も多く、その結果、沢山の仔が存在することになります。
父親が同じ沢山の仔から活躍する1頭(1頭とは限りませんが)を探し当てるのは至難の業ではありますが、あてもなく何千頭から選ぶよりはマシです。

これと同じようなリーディンググルードメサイヤーというのもあり、これは母の父としてのリーディングサイアーの事なので、こちらも有効な指標と言えるでしょう。

3、母親から選ぶ
優秀な父親から探すのも手ですが、それなら逆に優秀な母親から探すのも一つの手です。
優秀な母親を見つけたら選んでも良いでしょう。
父親と違い母親は、1頭だけなので(当たり前の話なのですが・・・イメージ的には一夫多妻制という感じでしょうか)、父親から選ぶよりも絞りやすいですね。

4、厩舎から選ぶ
1つのデータとして「2歳戦に強い」「重賞レースに強い」とか、厩舎サイドの馬の育成方針によって特徴が出てきます。
「2歳戦に強い」厩舎を選べば、前半はポイントを稼ぐことが出来ますし、「じっくりと育成してから」という厩舎なら、穴馬的な活躍馬が育成されたりし、大きなポイントを稼ぐことが出来ます。
このように、厩舎データから攻めるのも一つの手です。

5、POG専門書を参考にする。
POG専門書なるものも数多く存在します。
「有力馬の選び方」を書いた、ハウツー本から「有力馬を集めた」データ本など種類も様々。
自分の戦略に合った本を探し出してください!
もちろん、以上のことは基礎中の基礎に他なりません。
しかし、ここがPOGへの第一歩であることも確かなので、まずはここから始めてみて下さい!


お手軽に

POGに参加する為には、雑誌を購入するなど、ある程度の準備が必要です。
また、本格的なものなので、参加した初めの年はわけも分からず終わることも。

とにかく気軽に参加してみたい

そういう方は、「CLUB KEIBA」の会員になってみては。(登録料・年会費:無料)
CLUB KEIBA公式サイトのコンテンツの1つであるMy Star Horseに参加すれば、ちょっとしたPOG気分が手軽に味わえます。

詳しくはStep10「CLUB KEIBA会員になろう」をチェック!

POGに興味を持ったり、どういうものか少し体験したいというならCLUB KEIBA会員になって参加してみてはどうでしょう?
楽しみが広がりますよ!


競馬の幅を広げよう

何度も言いますが、必ずしも優秀な親から優秀な仔が生まれるとは限りません!
これは某野球選手を見ても分かるように父親が偉大でも、息子が活躍したかと言えば・・・
おっと、これ以上は書きませんね。
つまり、いかに穴馬を探せるかが上位入賞の鍵であり、POGを楽しむための最大の難しさでもあります。

色々と書きましたが、とりあえずは始めてみませんか。
私がPOGを進める理由は、競馬の楽しみに幅が出来るからです。
何度も言っていますが、応援する馬がいるといないとでは、競馬に対する姿勢も変わるというものです。


<<Step04-3・競馬場を楽しもう Step05-1・馬主になろう>>