Step01-3 競走馬についてレースを知る

競馬を知ろう

競馬で走る「馬」ですが、「競走馬」と呼びます。

競争用に改良された馬なので、まさに走るためだけに生まれてきた動物といってよいでしょう。
この競走馬を知るデータのひとつとして「血統」があります。
競馬の歴史は血統の歴史というくらい血統はその馬の特性に影響を与えます。
血統を勉強するとまたひとつ競馬の奥深さを知ることになるでしょう。
また、長い間競馬を続けていると、自分の好きだった競走馬の仔が走る場面を見ることが出来ます。

つまり、好きだった馬が親になり仔が跡を受け継ぐ・・・

「お父さんが勝つことが出来なかったこのレース。果たして息子が無念を果たせるか!」
なんて実況もたまに耳にします。

このように、歴史を感じることが出来ることも競馬の特徴ですね。
ほかにいくつかのデータとして馬主、生産者などもあります。
そのような競走馬を知る上でのデータについてまとめました。


競走馬データ

新聞やWEB上で競馬についてみた場合、数々のデータが載っています。
レース、競走馬、練習(追い切りと言います)・・・
数え切れなくある中で、競走馬のデータというものが必要不可欠になります。
これが分からないと馬券を購入(購入についてはStep03で)するにあたって、予想を立てることが出来ません。
ですからまず、競走馬を知る上で必要なデータを挙げてみたいと思います。

データ
馬名 使用できる文字はカタカナのみで字数は2文字以上9文字以下。
生年月日 生まれた年を1歳とし年が明けるごとに1歳づつ増えていきます。
性別 男馬を牡馬(ぼば)、女馬を牝馬(ひんば)と呼びます。
毛色 鹿毛、黒鹿毛、青鹿毛、栗毛、栃栗毛、青毛、芦毛、白毛の8種類に分けられる。
馬主 馬の所有者のこと、馬にかかる費用をすべて負担します。
生産者 繁殖牝馬(仔馬をとるための牝馬)の所有者のこと。
厩舎 馬を入れる建物のこと。一人の調教師が管理する建物全体を示すことが多い。
血統 遺伝による能力を継ぐために重要。馬の家系図であらわされる。

以上簡単に説明を書きましたが、イメージをしやすくするためWEBで見たときに書かれているような例を挙げたいと思います。
※注 サイトによって競走馬のデータの表し方は違います。





戦歴



年月日 レースが開催された日付です
レース レース名が書かれています。
コース 芝1600なら芝コース、1600メートルということです。
馬場 馬場状態を表します。全部で水分の含有量で4段階、良/良馬場、稍重(ややおも)、重/重馬場(おもばば)、不良(最も悪い状態)に分かれる。
頭数 レースに出馬した全頭数です。
枠番 枠番を表します。
馬番 馬番を表します。
人気 人気が上位ほど強いとは必ずしも言えませんが、おおよその強さが分かります。
着順 何位でゴールしたかを表します。
騎手名 騎乗した騎手を表します。馬と騎手の相性もありますからチェックが必要です。
斤量 馬が背負う負担重量を表します。騎手・鞍・その他の馬具を全部合わせたもの。
タイム 走破タイムを表します。他にタイム関連ではH(ハイペース)、M(平均ペース)、S(スローペース)というレース全体のペースを表すものもあります。
上がり レースや調教の終盤のこと。ここではゴール直前の約600mの走破タイムのことを表し、重要なデータです。
通過順位 コーナーごとの通過順位を表しています。また、馬の脚質も分かります。
馬体重 レース前の馬の体重を表します。
増減 前レースでの馬体重からの増減を表します。


<<Step01-2・レースについて知る Step02-1・競馬場へ行こう>>