Step03-9 予想方法あれこれ

予想を学ぶ


予想法も人それぞれです。

タイム、調教、馬体・・・

さまざまな情報から予想できることは前に書きました。
そこで他の人はどのような予想をするのか?
誰でも気になるところではあります。

そこで、プロの考え方を参考にするのも、予想の1つの手段です。
プロは知識も多いので、参考になることは間違いありません。
ただ、まるっきり予想家と同じ馬券を買うんじゃ予想に芸がなさ過ぎますからあくまで、参考の一部にとどめて起きましょう。

これは良い!と思う予想家さんがいましたら、積極的に参考にしてみては?


プロの予想家

競馬を仕事とする人々はたくさんいますし、仕事の種類も様々存在します。
有名なところでは、調教師厩務員など競走馬に直接かかわる仕事や、競馬ライター競馬評論家など批評などを仕事とする間接的なものに分かれるでしょう。
これからお話しするプロの「予想家」はもちろん後者に該当します。
私たちも広い意味で言うと「予想家」の一人なのかもしれません。
ただプロの予想家は本職の仕事としてお金を稼いでいるわけですから、私たちとは決定的に違いますね。

この予想家さん達のタイプも様々です。
大体の場合は、競馬ライターさんたちが予想家として活動する場合がほとんどかと思います。
でも中には「馬券の儲けで食べています。」という馬券収入だけで生活している人もいます。
プロと呼ばれる方々の特徴は、多くの持論を持ち、それにしたがって予想していることです。
その持論がウリであり、その人のまさに生命線なのです。

あなたも、独自の理論を考え本格的な予想を目指してみましょう!


予想家紹介

では、その予想家の考えはどこで参考に出来るのか?
答えを言ってしまうと簡単です。
というか、競馬を予想する過程で必ず見ているはずなのですが・・・
お気づきになりましたか?
出馬表を見たときに、◎とか▲とか印を見ているはずです。
これが、予想家の考えが顕著に出ている例ですよ。
ただ、もっと具体的に知りたいと言う人のために私が予想する上で参考にしている予想家を数人ご紹介しましょう。


予想家紹介

井内利彰(いぐち としあき)
職業 競馬ライター
調教から勝ち馬を予想。
デジタル分析された調教チャートが武器。
馬の調子の良し悪しをメインに予想をしています。
私としては井内さんが推す馬は「状態がいいんだな。」と判断し自分の予想その馬が入っていない場合に絡めたりします。
現場でなければ分からない馬の状態を井内さんの予想で判断するわけです。

もっと井内さんの予想を知りたい!
〜著書紹介〜
調教Gメン
オススメ度・・・★★★★★

調教師白井寿昭G1勝利の方程式
オススメ度・・・★★★


亀谷敬正(かめたに たかまさ)
職業 競馬ライター
レースが開催される競馬場と競走馬の相性から勝ち馬を予想。
競馬場における適正を「馬場ビーム」という独自の手法で分析をしています。
その他、血統や格付けなども予想方法として取り上げています。
結構、大穴を当てる亀谷さん。
穴馬や人気薄の馬について参考にしています。

もっと亀谷さんの予想を知りたい!
〜著書紹介〜
競馬場実測図鑑

B.A.S.爆血馬自動狙撃術
オススメ度・・・★★★★

血統インパクト
オススメ度・・・★★★

バランスビーム
オススメ度・・・★★


市丸博司(いちまる ひろし)
職業 パソコン競馬ライター
競馬の予想方法として有名な「スピード指数」を駆使し、その他ペース、ダッシュなどの要素を織り交ぜたタイムフルター指数から勝ち馬を予想。
いろいろな予想家がスピード指数から勝ち馬を予想しますが、私が参考にするのはこの市丸さんです。

もっと市丸さんの予想を知りたい!
〜著書紹介〜
1日36レース馬券必勝法
オススメ度・・・★★

タイムフィルター
オススメ度・・・★★★★

「種牡馬回収率」データ・マニア
オススメ度・・・★★★


水上学(みずがみ まなぶ
職業 作家
競馬を予想する上で重要なもののひとつに血統があります。
この血統について深く掘り下げ、競走馬の特徴をつかみ勝ち馬を予想します。
スピード指数と同じく、有名な予想の要素として上げられる「血統予想」。
私の予想には、血統と言う要素は含まれていません。(一応、次に私の予想は書いているんですが・・・あまり参考になりませんよ・・・)
ですから、逆に血統予想が気になるわけです。
直接参考にするまではいきませんが違う角度から自分の予想を見ることも大事なのです。

もっと水上さんの予想を知りたい!
〜著書紹介〜
素人でも儲かる!「血統」驚きの法則
オススメ度・・・★★★★

なぜ血統なのか「儲かるからだ!」
オススメ度・・・★★★

競馬界に喧嘩売らせていただきます!
オススメ度・・・★★★



以上、4人が私が参考にしている予想家です。
上から順に参考にする度合いが高くなっています。
つまり、予想するにあたり一番参考にしているのは井内さんの予想と言うわけです。
ここまでで、何かお気づきになった方はいらっしゃるでしょうか?
ここに紹介した4人はある番組に出演されている方たちなのです。
「競馬予想TV!」という番組です。
CS放送であるスカパー内のフジテレビONEというプログラムで放送されています。
つまり私にとっての情報源のひとつになっているのです。
ここで競馬情報TVについて軽くご紹介しておきます。
「週末に開催されるレースを重賞を中心に、個性のある予想形が予想しあれこれ討議する」番組です。
あれ簡単すぎたかな?

その他として、予想ではないのですがレース後の復習的な感じで参考にしている人が独りいます。


プロじゃなくても

プロの予想家以外にも参考になるところがあります。
「ブログ」です。(前のページで説明をしました。)

ブログに競馬予想を書いている人は沢山います。
個人で書いている人がほとんどですが、なにせ人数が半端じゃない。
いろいろな方の予想を参考に出来ます。
「質より量」で勝負したいかたはぜひ!

プロの方より素人の方が圧倒的に多いのですが、どれも鋭い予想ばかりですよ!


参考にはなりませんが・・・

ここで参考にはなりませんが私の予想方法を書きたいと思います。

まず予想!
絶対に勝つ予想法はない。それがデータ予想であればあるほどだと私は思っています。
生き物の馬を相手にしているからです。
ですから、データ以外の部分、経験、カンというものにも頼ってみよう。
予想を100パーセントデータに頼らないための苦肉の策といいますか・・・

適正を考える
プロの予想家のような詳細なデータまでは使いませんが、距離、競馬場、騎手との相性の3つをデータ化し順位をつけます。
まあ、その順位の精度も知れたものですが。

オッズから
最後にオッズの単勝人気を見ます。
世間全体ではどの馬が勝つと思っているのか。をチェックします。
距離適正があるのになぜ人気にならないかなど、主に穴馬を見つける場合に使います。

以上3つの予想を総合し、最終予想を決めるわけです。
その際もハッキリとした法則はなくその場の考えで決めています。


<<Step03-8・情報をゲットする〜メルマガ Step04-1・レースを楽しむ>>